Naha Branch

新居を借りる前に考えておきたいこと

地元の人でも外国人でも、日本の生活費は他の国に比べてはるかに高いです。家賃以外にも、購入者が家を購入したり、借りたりする際に考慮しなければならない要素がたくさんあります。

この三栄リビングの購入条件ガイドでは、あなたが準備しなければならないことをすべてご紹介します。

  1. 潤沢な資金

単純な日本の家であれば、平均的な価格で5万円から7万円程度の費用がかかります。しかし、それは月々の家賃の支払いだけです。他にもメンテナンスや保険などの費用がかかります。

また、実際の家のような感じにしたい場合や、別の材料が欲しい場合には、レクリエーションルームや家具などの追加支払いを求めてくる不動産業者もあります。つまり、質素な家の基本給は10万円を超えて着地することになります。

  1. 金融の安全性

エージェンシーは、あなたが数ヶ月、数年を通して家を借り続けることができるかどうかを確認する必要があります。そのため、就職証明書や資格証明書(学生の場合)、銀行口座の明細書などを要求されること。また、外国人の場合は保証人を要求する場合もあります。

エージェンシーはまた、彼らはあなたが余裕が何を知っている場合は、あなたの予算に合った家を見つけるのを助けることができます。それはさておき、国内で資産を借りたり買ったりする際には、資金面でのサポートがあります。

  1. 代理人

国は地元の仲介業者と連携して、どの部屋やスペースが賃貸・購入可能なのかを選別しています。沖縄県中部・南部エリアの住宅ならサンエーリビング那覇本店のお得な情報にお任せください。他では手に入らない特典や割引がたくさんあります。 

  1. 外国人のためのパスポートまたはビザ

外国人が国内で家を購入したり、借りたりすることには法的な制限はありません。しかし、ビザや在留カードがないと、間違いなく滞在が制限され、経済的な援助を受けることができません。

せいぜい、これらの項目がない短期賃貸に限られるかもしれません。

  1. 文字参照 

日本の家庭では、マナーや立ち居振る舞いは非常に重要です。だからこそ、あなたのマナーを保証してくれる人が必要かもしれません。住む際には、マナーに気をつけて、ご近所の方と穏やかに暮らすようにしましょう。

ご不明な点やご不安な点がございましたら、お気軽にサンエイリビングにご相談ください。このような条件でのトラブルや、物件に関することなら何でもお気軽にご相談ください。全てが決まりましたら、沖縄でのご希望の価格や交通手段、エリアなども必ずご相談ください。 

お問い合わせは以下のメールアドレスまでお願いします。: 

 

実の生活那覇市大六支店へのアクセス方法

那覇での住まい探しはサンエーリビングにお任せください。サンエーリビングでは、お客様が絶対に気に入っていただけるような物件をご用意しており、さらに特典も充実しています。

 

Read More >>>